粋な男の着こなし☆男性着物のススメ

和装でデート男性編

着物買取には証紙があると有利

金沢の伝統工芸品である加賀友禅は京都で江戸時代前期から中期にかけて活躍した宮崎友禅斎が創始者です。友禅斎は花鳥画や人物画を得意とした人で江戸の町民たちに人気がありました。その後手書き染色の技法を考案し、加賀藩に招かれ金沢の文化と風土に合う加賀友禅を作りました。色彩は加賀五彩と呼ばれる5色を基本としておりどれも地味な中間色です。5色を組み合わせてたくさんの中間色を作り出していきます。金箔や刺繍は使いません。淡く落ち着いた色調が特徴です。きれいな発色は友禅の川流しにもあります。

現在では人口的に作られた川で自然流れの速さを再現して行われています。流れの速さが色の美しさに影響します。反物が出来上がるまでの工程は複雑で手間のかかるものですから高価なものです。親から子へと代々受け継ぐ事のできる価値のあるものですから着物買取で高額な金額となります。

結城紬は茨城県結城市を中心として作られている伝統工芸品で国の重要無形文化財に指定されています。色目は黒系が多いですが染色の発達により最近では淡色系のものもでてきました。現在も地機織をしていることから生産量は少なく高価な紬です。亀甲柄の細かいもの程高価です。真綿から1本ずつ手で紡いで糸を作ります。蚕の繭を煮て柔らかくしたものを使うので暖かくて軽い反物が出来上がります。丈夫でしわになりにくいという利点から着るほどに風合いがでて味わいがでるといわれています。

人の手を使い紡ぐため質の良い糸が出来上がります。縦糸、横糸両方に手つむぎ糸を使用するために高級な絹織物が出来上がります。奈良時代から献上品とされてきましたが人気のでたのは江戸時代以降で長い歴史があります。現在でも着物通には好まれている反物で、大切に着れば3代は着られものですから親から子へと愛用できる着物で価値の高いものです。

基本的には普段着として着るものですが近年では染色技術の発展により訪問着としても作られるようになり人気があります。長い歴史があり1枚の反物を作り上げるまでには長い時間を要しますので高級で価値の高いものです。着物買取も高額な金額になります。

本場の結城紬には現在証紙は4種類あり反物に添付されています。証紙は価値を見分けるものですから着物買取の時には需要な役割を担います。伝統工芸品と呼ばれるものは実用品としても美術品としても価値が高いものです。着物買取時には高い金額がつくものです。着物の保存状態がよく証紙がついていること、希少価値があるもの、手のこんだ着物である事などが着物買取時には高額買取になるポイントです。

粋な男の着こなし☆男性着物のススメ
和装男性は素敵にみえる
和装で歌舞伎や狂言を楽しむ
和装で寺社巡り
和装で甘味処
和装で懐石
着物買取には証紙があると有利
非日常的な体験ができる芸術的な着物は着物買取に売れる
サイトマップ

reccomend

大島紬
大島紬
鹿児島県と奄美大島で生産される絹織物で高級着尺地として有名です。

絣、縞、無地の紬
絣、縞、無地の紬
紬は全国各地で織られ、絣、縞、無地など素朴な紬がたくさんあります。新潟県の塩沢紬、十日町紬、長野県の上田紬などが有名です。

紬の訪問着
紬の訪問着
最近では紬地の絵羽模様の訪問着も呉服屋さんなどで見かけます。高価な訪問着ではありますが、紬地ということで気の張らないお茶会や趣味の集い、外出着として着用します。正装としては用いません。

Copyright©2013 粋な男の着こなし☆男性着物のススメ All Rights Reserved.